なぜ歯医者で?顎が痛む理由と治療

顎が痛むときに行くべき歯医者とは?

歯医者で出来る事・出来ない事

なんどなく顎がだるい。噛む時に違和感や痛みがある。それは顎関節症かも知れません。この症状は若い世代に多く、男性よりも顎が細い女性に多くみられる疾患です。 顎関節症とはどんな症状なのでしょうか?またはセルフチェックの方法を公開していますので、参考にして見て下さい。

顎関節症の原因と治療方法

あまりにも違和感や痛みが強い場合、通院して治療を行います。顎関節症の原因ややってはいけないセルフケアはもちろんの事、放っておくとどうなるのか?にスポットを当てて説明しています。 重症化する前に少しでもおかしいと思ったら、歯科医院へ駆け込む事をおすすめします。

顎の痛みだけじゃない?どんな症状があるの?

虫歯が痛み出したので歯医者へ行く。多くの方がこれを理由に通院していますが、虫歯はなぜできるのでしょうか?
私達が虫歯と言っているものはミュータンス菌という細菌で、この細菌が歯を溶かしてしまいます。歯の白い部分はエナメル質といって、その部分を溶かしていきやがて象牙質まで到達します。この時に初めて黒ずむので虫歯になってしまったと気付きます。
それでも放置していると歯髄に達し歯髄炎を起こします。ここまで到達すると食べ物や飲み物を摂ると沁みますし、ケースによっては神経を抜く処置をしなければなりません。ちなみにミュータンス菌が歯の根っこに到達すると歯自体は根元のみになってしまうので、形は無く歯の原型は留めていません。
この様に歯医者と言えば虫歯を治してくれるところというイメージがありますが、実際には様々な科目を持っているところがほとんどです。歯周病や口臭対策といった口腔内のトラブルはもちろんですが、口元の美しさを整えてくれる美容診療といったものもあります。また親知らずや顎関節症の治療を行ってくれる口腔外科では、歯科では処置出来ない様々な施術をしてくれるので、歯のトラブルがあり歯医者へ通う時は多くの科目を受付しているところが良いです。
歯医者によっても得手不得手があるので、何でも出来る訳ではありません。相談内容によっては受付出来ないケースもありますので、その場合は紹介状を書いてもらい別の歯医者で治療する事をおすすめします。

どんな歯医者なら治療してくれる?

今やコンビニよりも多いと言われている歯医者ですが、全ての歯医者で顎関節症の治療をしてくれる訳ではありません。 また歯医者の中にも優良な歯医者、そうでない歯医者も存在するのでその選び方をお教えします。自分に合った治療方法、歯医者は挫折のリスクを回避してくれます。

TOPへ戻る